土の役割1 ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

土の役割1

植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。
植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。


植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。