中耕・土寄せ ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

中耕・土寄せ

種まきやや定植後、収穫までの期間が長いと、上が固く締まって生育が不良になりやすくなります。株間やうね間、条間を軽く起こすことによって、通気性を改良して酸素の補給とともに雑草の防止をします。生育期間中に2〜3回行うのがよく、初めは浅く行い、次第に深くします。生育後半では根が広く張っているので根を傷めないように注意します。収穫期が近づいたら作業は行わないようにしましょう。作業は晴天時に行い、雨天や水分が多い状態では避けましょう。 株元に上を寄せて、株の倒伏を防止したり、根菜類での根元の傷み防止、イモ類での変色防止や品質向上対策などのため2〜3回程度行うとよいでしょう。通常は、間引き作業や追肥作業と同時におこなうと作業が楽です。

<商品紹介>
Honda耕うん機シリーズから新商品が出ました!!その名も
【PUNCH X(パンチ・エックス)】

パワフルなクリーンエンジン、変速しやすいチェンジレバー、低重心設計
により取り回しラクラク。デザインも親しみやすく、家庭菜園の充実を
はかる方からプロまで納得の実力派です。

最大出力4馬力(2.9kw) 最大耕幅630mmのパワーで100〜300坪もの菜園に対応。
新開発ローターで土への食い込み性は抜群。
耕幅もワイドで、耕うん作業にゆとりが生まれます。
もちろん選べるプレゼントも付いています


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。