作物の選び方 ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

作物の選び方

栽培する野菜の種類を選ぶうえでのポイントはいくつかあげられます。例えば、
@鮮度:新鮮さが求められる菜類、抜き菜、果菜類などで、特にスイートコーン、シュンギク、ホウレンソウ、イングンマメ、ブロッコリ、サヤエンドウ、エダマメがあげられる。また、熟度の面でトマト、露地メロンなどがある。
A保存性:適切な保存によって長期間出荷ができ、かつ消費量が多いものとして、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、タマネギなどがある。
B旬:山菜(ウド、ワラビ、タラノメなど)、ミョウガ、ソラマメなどは季節感を有する。
C地域性・特殊:レンコン、ジネンジョ、フキなどの特産品があたる。

次に、野菜の生産安定の要因として以下の事項があげられ、種類を選定するうえで留意しなければなりません。                       
@同じ科に属する野菜での連作は極力避ける。特にマメ科とナス科は3〜4年あける。       
A作付前に土づくりを行う。完熟堆肥をla当たり300kg程度投入する。未熟な堆肥は生育障害の原因となることから用いない(特に根菜類)。苦土石灰等の土壌改良材を1a当たり10〜12kg施用し、深く耕す。深耕は根菜類に限らず、根張りが良好になる。
B労力に合わせた作付面積とする。面積の制限要因は収穫及び調製作業であり、労力以上に作付けを行うと収穫適期内での収穫ができない。果菜類やマメ類などでは毎日収穫を要するものが多く、葉菜類などのように一定期間に集中するものがある。なお、収穫期間は早生系品種が短く、晩生は長い傾向にある。
C栽培時期に応じた品種を選定する。各品種に適した日長や温度条件があり、不適であると生育が劣ったり、とうが立ったりする。なお、早期栽培を行う場合は、耐寒性や耐暑性に優れるとともに、高温時では萎黄病や軟腐病などに対する抵抗性品種を用いる。
D収穫期間の拡大や、端境期での出荷を行う場合は、ハウスなどの施設や、トンネル(大きさによって大中小がある)やマルチ資材を利用する必要がある。


タグ: 栽培 改良
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トマト ローマンVF(種)
Excerpt: タネは薬剤処理されていませんよ♪今年はこのトマトに挑戦します!2〜3月にタネ蒔き時期なのでちょうどよかったです♪・宅配野菜の検討材料・ やっぱ、ウチの農法には西洋料理? ・ドットベジー酵素液 野菜の点..
Weblog: 野菜を極める
Tracked: 2007-08-15 13:04
そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。