ダイコン ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

ダイコン

ダイコン

古代エジプトで栽培されていたというだいこんは、中国を経て渡来しました。

そのころ、保存食として漬物や切り干しなどの加工も行われ、

庶民の食生活に欠かせない地位を築きました。

ダイコン(大根)はアブラナ科の野菜です。

主として肥大した根、茎、胚軸を食用とするほか、種子から油が採れ、土壌改良にも利用されます。

形状や色も多様で、皮の色は主に白です(ハツカダイコンは赤など、白でないものも多い)。

日本では弥生時代には伝わり、在来種と中国ダイコンの交雑で栽培品種が成立しました。

江戸時代には関東の江戸近郊である板橋・練馬・浦和・三浦半島あたりが特産地となり、その中で練馬大根は特に有名です。

抜群の消化力を持ち、根は消化酸素(アミラーゼ)とビタミンが豊富で、

ビタミンCは内側よりも皮に近い部分に多く含まれています。


葉にはカロチンやビタミンC、カルシュウムが豊富に含まれています。

もみじおろし(大根と人参)は、人参に含まれるビタミンC酸化酵素が

大根のビタミンCを破壊しますが、食欲増進の効果があります。




野菜名
科名
原産地
ダイコン
アブラナ科
地中海地方
中央アジア
学名
英名
和名
Rapbanus sativus
radish
大根
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月下旬〜
9月中旬
 
10月下旬〜
種子の光反応
土壌適応性
暗発芽種子
軽い沖積砂壌土や火山灰土がよい
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
4℃
15〜30℃
35℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
0℃
17〜20℃
25℃
うね幅
条数
株間
60cm
1
24〜27cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
6000〜7000本
0.8〜1ℓ
900
花芽分化
一般には発芽当初の幼苗期に2〜5℃の低温に
15〜20日間遭遇するともっとも花芽分化しやすい。
品種によってかなり差がある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。