土作り ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

家庭菜園の土作り

「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。
よい土壌とは・・・・・

水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。
豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。
良い微生物が繁殖している土壌です。


【固層40%、気層30%、液層30%がベストバランス】

良い土壌をつくるには・・・・・
 良質の堆肥と良質の粘土を入れることです。
   ↓     ↓
物理面を改善  化学面を改善
    
      ↓
      ↓
   微生物面を改善
      ↓
      ↓
発根をスムーズにし、生育が良くなります。



有機物の施用

有機物の投入によって、土粒問に適度なすき間ができます。これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。よく耕すことによって、土中の細かい粒子が集まって小さなかたまりを作っだ団粒構造”となります。 また、土壌中の有用な徴生物の活性を促進したり、多肥による肥あたりを和らげる働きもします。しかし、未熟な堆肥の施用は、根傷みや病害虫の発生原因となり好ましくありません。完熟堆肥が手に入らない場合は、あらかじめ未熟堆肥を堆積しておき、数回切り返して十分腐熟させてから用いましょう。
野菜本来の”育つ力”を最大限に生かす独特の農法
タグ:堆肥 肥料 有機

深耕

土壌を深く耕すことによって、
@根群域の拡大
A水分、養分の保持力の増大
B排水性の良好化

などを図ることができます。一般のロータリー耕やカルチの他に、プラウや深耕ロータリー、あるいはトレンチャーなどを用いて耕土を深くします。なお、排水不良のほ場では、暗きょの施工や、サブソイラーによる心土破砕を行うとよいでしょう。

家庭菜園グッズがいっぱい『農機具通販ヒラキ』

土壌条件

理想的な土とは、排水性、通気性、保水性がよく、十分こなれ、肥料分を適度に含み、柔らかく、また病害虫の心配がなく雑草もないことです。 そこで、堆肥などの有機物や、石灰などの土壌改良材を施し、深く耕して土を適度な粒状態(団粒構造)にすることが大切です。

家庭菜園グッズがいっぱい『農機具通販ヒラキ』

土作り

野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、収穫の後、畑を耕すときに畑全体に石灰または苦土石灰を1uあたりに200〜400gくらいを混ぜ、よく耕します。ここで、気をつけることは一度にたくさんの石灰を施さないことです。アルカリ化しすぎになるとマグネシウムや鉄分などを吸収しにくくなります。 
 
肥料のやりすぎは根をいためることもありますので注意しましょう。わら、刈取った草、枯葉、野菜屑、木屑などで堆肥を作ります。野菜屑や木屑は、畑の隅などで穴を掘り少量の堆肥と混ぜ十分に腐らせてから使います。堆肥を作れない場合は市販の腐葉土や植物性の堆肥で大丈夫です。大事なのは、堆肥を畑に入れ深く耕して土に空気を含ませるように混ぜることで土が団粒化し、通気性や保水性もよい状態の土が出来ます。

家族みんなが喜ぶおいしさ!協和のKM野菜

pH測定

野菜を作るには、畑の土の状態をよく知っておくことが大切です。初めに土の酸性度に注意します。土壌酸性値はpH値で表示され、pH4〜6を酸性土、pH8〜9をアルカリ土といいます。まず、最初に畑を耕すときに、pH値を測る方がいいでしょう。ほとんどの野菜は酸性を嫌い、弱酸性からやや中性(pH6〜7)の間が適しています。

簡単な測り方は、適当な量の土をコップに取り、その土の重さの2〜3倍の水で溶かし、上澄み液にリトマス試験紙を浸けることで測定できます。

腐葉土で土壌改良

腐葉土は通気性・保水性がよく、原土の物理性を改善する直接効果があります。また、分解が進むにつれて、土の単位をくっつけて団粒化を促進します。この間接効果は持続的で、団粒土が水やりなどで単粒化するのを防ぎます。
腐葉土から生まれる腐植は、土の中に含まれる養分と、自身が含む微量要素を必要に応じて放出します。さらに、土の緩衝能も高めます。

ガーデニングをはじめるなら・・・。

まずは土からはじめよう!

良く育つと評判のプロトリーフの土を10名様にプレゼント!

ガーデニングショップ・アグレ

土の団粒化

一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。
しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根にとって理想的な住まいです。団粒の隙間は大きいので空気と水が通りやすく、団粒の表面にも内部にも養分や水分をたっぷりたくわえているので、保水性と保肥力にも富む土になります。普通の土でも団粒土なら根にとってよいのですが、軽石・有機物・人工砂礫などを混入することによって団粒構造に変えることができます。
家庭菜園グッズがいっぱい『農機具通販ヒラキ』







ガーデニングをはじめるなら・・・。

まずは土からはじめよう!

良く育つと評判のプロトリーフの土を10名様にプレゼント!

ガーデニングショップ・アグレ

水のもちのよい土

よいの条件は、通気性、排水性と保水性を両立させていることです。通気性保水性は、あちらを立てればこちらが立たず、の関係なのです。2つを両立させるには、原土に有機物(腐葉土・ピートモスなど)か人工砂礫(バーミキューライト・パーライトなど)を混ぜ、その物理性を改善することです。
安心!おいしい!KM栽培野菜の宅配便






よい土とは・・

よい土とは、簡単にいうと根の呼吸に必要な酸素を含むための隙間があり、通気性がよいこと、適度に水を含む保水性のあること、養分を含んでいる、または含みやすい保肥力のあることです。


空気と水の通りがよい土
根は酸素呼吸をして養分や水分を吸収しています。 通気性が良ければ、根が呼吸して排出した炭酸ガスなどの不要なガスは、大気中に飛散します。さらに排水性もよく、水やりのたびに古い空気と新しい空気の全面的な入れ替えが行われると理想的です。もし、排水性が悪いと、根は過湿で酸素不足になり、根腐れをおこすでしょう。しかし、空気と水は土粒間のすき間に共存しているので、空気の通りやすい土は、すなわち排水性の良い土でもあります。


家庭菜園グッズがいっぱい『農機具通販ヒラキ』




土の役割3





緩衝作用で根を有害物質から守る

植物の根は繊細であり、ちょっとした物質でも影響を受けます。植物の生育に悪影響を与える物質だけでなく、有益な肥料成分でも濃い濃度の肥料が直接根に触れると根が枯れたりすることがあります。土はそれらの傷害をやわらげ、急激なショックが及ばないように根を保護する働きもします。








土の役割2

温度変化から根を守る

根は物質以外にも温度にも敏感に反応します。土の中は空気中の温度に対して四季を通じての温度変化も少なく、緩やかに変化するため根も影響を受けずに順応し、植物の根を守る働きもあります。夏や冬に鉢植えの植物を鉢のまま地中に埋めて管理するのは、温度変化を少なくして植物の根を守ったり、鉢土の乾きを防いだりするためです。



土の役割1

植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。
植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。


植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。









土作りが大切

野菜作りのの基本は、なんといっても、土作りがもっとも大切です。
植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、下半身にあたるのが根です。地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、地下にある根は忘れられた存在になりがちです。しかし、根はいろいろな面で植物体を支えている、いわば大黒柱のようなものであり、大切な器官です。
 根の役割は、まず上半身である葉、茎を倒れないようにしっかり支えることです。人間がまっすぐ立つのに足腰が重要であるのと同じです。そしてさらに大切な役目は、養分を吸収して、茎、葉に送ることです。また養分だけでなく、水も空気(酸素)も取り込んでいます。土にとけている肥料成分から、植物が利用できる成分を必要なだけ選んで吸収します。つまり、根は食物を取り入れる口であり、消化する胃腸でもあるのです。
植物は葉で呼吸するだけでなく、根でも土中の酸素を取り込んで、体内で等分などの有機物を燃焼させ、炭酸ガスを出しています。そして、このときのエネルギーで土中の水と養分が吸収されます。そのため、土の構造が大切になってくるのです。









そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。