栽培 ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

栽培環境で品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。



葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることで

メロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、

ビタミンCの量も多くなります。




肥料の管理が品質を大きく左右する野菜のひとつに

ホウレンソウがあります。ホウレンソウで問題となる硝酸とシュウ酸の量は

土壌中の窒素、カリウムの量が多いほど、また、日射量が少ないほど高濃度となります。




土壌の物理的条件はダイコンなどの根菜類の品質に大きな影響を与えます。

土壌中に未熟堆肥や石、土塊があると成長点が二股に別れたりします。

家庭菜園で作っているので自分で食べるようにつくっているのであれば

面白い形の野菜が収穫できて楽しいですけどね

販売する場合は商品価値を下げてしまいます。


栽培時期も野菜の品質には欠かせない条件となります。

たとえば、冷涼な気候を好むブロッコリーは夏の温度の高い状態では大きく、

かたくしまった花蕾とはなりません。


家庭菜園では旬を楽しむためにも適期適作を心がけましょう。



最高の培土

種まきにおすすめなのはタキイの種まき培土、また鉢上げの育苗用やプランターの土としてのおすすめはタキイの育苗培土です。私も以前は種まきの土なんてなんでも生えてくるだろうと思って庭の土や100円ショップの安い培土を使っていましたが、生えがわるかったり、生えてもその後の生育がわるかったりしていました。困っているときに近くの農家さんに聞いて教えてもらったのがこの培土でした。いままでいろいろな培土を使ってきましたが、このタキイの培土が一番使いやすく、しっかりした苗ができました。少し値段が高いかもしれませんが費用対効果は期待できます。


種まき培土と育苗培土があり、それぞれ20L、50Lの規格があります。そんなにたくさんの土は必要ないという人は育苗培土を種まきに使っても大丈夫です。ぜひ使ってみてください。

防寒

冬作の野菜では、風よけは防寒の役割もします。うね立てを東西うねとし、笹竹などを風上側に立てたりするだけで寒さをかなり防げます。エンドウなどの株元にモミガラをかけたり、多聞に堆肥を入れるのは寒さと乾燥を同時に防いで根を保護する効果があります。 よしずを片屋根式に立てかけ、その下で小カブやコマツナを作る覆い下栽培、ムシロ、コモ、寒冷紗などを直掛けするべたがけ栽培も効果的です。 ビニールトンネルは、防寒から発展した保温対策として使われます。
 
         
タグ:農作業

風よけ

風よけは風によって作物が揺れて傷が付いたり茎が折れたり株が倒れたりしないように、または土砂等が飛ばないようにするために設置します。海の近くや季節風の強い場所では、畑の周囲を防風網や生け垣で囲ったり、数うね毎にムギわらを立てたりするのもよいでしょう。また、夏秋ナスのように風による葉ずれやすれ果等の被害が出やすい野菜では防風網を畑の周囲に設置したほうがいいと思います。

家庭菜園グッズがいっぱい『農機具通販ヒラキ』


日照条件

ほ場の日照条件も重要な要因です。光の強さが弱かったり、日照時間が不足すると、作物体が栄養不良となって収量及び品質が低下する原因となります。一般に野菜の多くは、ある程度まで光の強い方を好みますが、種類によっては半日陰など寡日照条件が適するものもあります。強い光を要する野菜としては、ナス科、スイカなどで、やや強い光を必要とするものはウリ科、根菜類、イモ類などです。逆に、弱い光が適するものとして軟弱野菜があります。軟白野菜は暗所で栽培すします。温度不足は、保温や加温によって補うことができますが、補光は難しいのが現状です。

野菜本来の”育つ力”を最大限に生かす独特の農法

栽培の難易度

野菜の種類によって栽培が難しいもの比較的簡単なものとがあります。栽培期間が長期間に及ぶものほど栽培管理が難しくなる傾向にあります。
これは、かん水や施肥、間引き、育苗、整枝せん定、受粉、摘果、病害虫防除など各作業が必要となることと、気象の影響などを多く受けるためです。
地下部を利用する野菜の難易度は中程度が多く、種イモを植え付けて栽培する野菜は種イモさえ良質であれば高い生産安定が望めます。また、栽培地域の気象条件に応じた露地での栽培適期なら比較的栽培は容易となるうえに旬の野菜として消費量が多く、栄養価も高くなります。しかし、病害虫が発生しやすく、短期間に出荷量が集中するデメリットもあります。なお、栽培期間を前後に拡大したり、端境期の出荷をねらうと難度は上がります。そこで注意したいのは、野菜の種類によって花芽分化の要因が異なるので、栽培時期に合った種類や品種を選ぶ必要があります。春まきホウレンソウや春穫りキャベツ、早生系タマネギなどは抽台(とう立ち)しやすいので特に注意しましょう。

甘みたっぷり!みずみずしい野菜たち

日よけ

キャベツやレタスの苗床、夏の暑さに弱いホウレンソウなどでは、日よけをして日差しをやわらげ、温度の上昇を緩和します。日よけには、よしずや黒寒冷紗、アルミを練り込んだビニルなども利用できます。 日よけは、地上1mくらいの高さに水平に張ったり、トンネル状に掛けたり、パイプハウスの屋根部に張ったりします。側面をあけて風通しをよくすることが必要です。さらに防暑効果を高めるためには日よけとあわせて敷きわらを厚くしたり、かん水量を多めにして地温の低下をはかるとよいでしょう。

自分でつくったものと食べ比べてみよう!
協和のおいしい野菜便

整枝

トマトやナス、キュウリ、スイカなど枝やツルが何本も伸びてくるものは、植えたままでいると枝葉が茂り過ぎて日当たりや風通しが悪くなり、病害虫も発生しやすくなります。また、実がつきすぎて草勢の低下も早まってしまいます。そのため、野菜の種類に応じた整技法をおこないます。野菜の生育は速いので、整枝作業が遅れないように早めに行うことがポイントです。
カラダに優しい健康野菜をお届け

作物の選び方

栽培する野菜の種類を選ぶうえでのポイントはいくつかあげられます。例えば、
@鮮度:新鮮さが求められる菜類、抜き菜、果菜類などで、特にスイートコーン、シュンギク、ホウレンソウ、イングンマメ、ブロッコリ、サヤエンドウ、エダマメがあげられる。また、熟度の面でトマト、露地メロンなどがある。
A保存性:適切な保存によって長期間出荷ができ、かつ消費量が多いものとして、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、タマネギなどがある。
B旬:山菜(ウド、ワラビ、タラノメなど)、ミョウガ、ソラマメなどは季節感を有する。
C地域性・特殊:レンコン、ジネンジョ、フキなどの特産品があたる。

次に、野菜の生産安定の要因として以下の事項があげられ、種類を選定するうえで留意しなければなりません。                       
@同じ科に属する野菜での連作は極力避ける。特にマメ科とナス科は3〜4年あける。       
A作付前に土づくりを行う。完熟堆肥をla当たり300kg程度投入する。未熟な堆肥は生育障害の原因となることから用いない(特に根菜類)。苦土石灰等の土壌改良材を1a当たり10〜12kg施用し、深く耕す。深耕は根菜類に限らず、根張りが良好になる。
B労力に合わせた作付面積とする。面積の制限要因は収穫及び調製作業であり、労力以上に作付けを行うと収穫適期内での収穫ができない。果菜類やマメ類などでは毎日収穫を要するものが多く、葉菜類などのように一定期間に集中するものがある。なお、収穫期間は早生系品種が短く、晩生は長い傾向にある。
C栽培時期に応じた品種を選定する。各品種に適した日長や温度条件があり、不適であると生育が劣ったり、とうが立ったりする。なお、早期栽培を行う場合は、耐寒性や耐暑性に優れるとともに、高温時では萎黄病や軟腐病などに対する抵抗性品種を用いる。
D収穫期間の拡大や、端境期での出荷を行う場合は、ハウスなどの施設や、トンネル(大きさによって大中小がある)やマルチ資材を利用する必要がある。
タグ: 栽培 改良

支柱たて・誘引

野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。 トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類ではツルムラサキなども支柱が必要です。 支柱の立て方には、直立式や合掌式などがある。直立式は立てるのが難しく倒れやすいので、合掌式がよいでしょう。2本の棒を山形になるように地面に刺し、上部に地面に平行に棒を渡し、針金やヒモでしっかりと縛りつけます。生育や果実肥大等によって重量が増してきたら斜めに棒を渡して補強します。なお、エンドウやツルインゲン、キュウリなどのツル性の野菜ではネットを展張します。支柱への結束は、植物を傷めないように余裕を持たせて8の掌状になるようにおこないます。結束には、ビニルヒモや麻ヒモなどを使用します。



中耕・土寄せ

種まきやや定植後、収穫までの期間が長いと、上が固く締まって生育が不良になりやすくなります。株間やうね間、条間を軽く起こすことによって、通気性を改良して酸素の補給とともに雑草の防止をします。生育期間中に2〜3回行うのがよく、初めは浅く行い、次第に深くします。生育後半では根が広く張っているので根を傷めないように注意します。収穫期が近づいたら作業は行わないようにしましょう。作業は晴天時に行い、雨天や水分が多い状態では避けましょう。 株元に上を寄せて、株の倒伏を防止したり、根菜類での根元の傷み防止、イモ類での変色防止や品質向上対策などのため2〜3回程度行うとよいでしょう。通常は、間引き作業や追肥作業と同時におこなうと作業が楽です。

<商品紹介>
Honda耕うん機シリーズから新商品が出ました!!その名も
【PUNCH X(パンチ・エックス)】

パワフルなクリーンエンジン、変速しやすいチェンジレバー、低重心設計
により取り回しラクラク。デザインも親しみやすく、家庭菜園の充実を
はかる方からプロまで納得の実力派です。

最大出力4馬力(2.9kw) 最大耕幅630mmのパワーで100〜300坪もの菜園に対応。
新開発ローターで土への食い込み性は抜群。
耕幅もワイドで、耕うん作業にゆとりが生まれます。
もちろん選べるプレゼントも付いています

間引き

生育の促進、あるいは生育のよい株に揃えるために間引き作業をおこないます。間引き作業は3回を目安に実施します。第1回は本葉の展開時、第2回は本葉2〜3枚の頃、第3回は本葉5枚程度の頃とし、葉が触れあわない程度に行うのがよいでしょう。間引きは、こんだところをすかせるようにし、健全な生育をしている苗を残すようにします。大きすぎたり、小さすぎたり、葉の形や色の異なるものを主に間引きます。なお、間引く苗が接近しているときは、残す苗の根元を押さえて抜けたりして傷まないように十分注意しましょう。



そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。