キャベツの育て方 ガーデニング&家庭菜園で健康生活

スポンサードリンク

キャベツの種のまき方

キャベツの種のまき方

用意するもの

キャベツの種子

128穴プラグトレー

培土(うちではタキイ 種まき培土20L(園芸用)を使ってます)

新聞紙など

あればバーミキュライト(なくても大丈夫です)





まず128穴プラグトレーに土をつめます。

20Lの種まき培土でプラグトレー6枚分くらいとれますが、

バーミキュライトがない場合は覆土用にすこし培土を残しておきます。

プラグトレーに土をつめたら、水をたっぷりかけます。水をかけると少し土が沈むのでそこに種をまきます。
 
キャベツの種はだいたい1mlで128穴プラグトレー1枚分まけます。

種が播き終ったらプラグの開いている部分に土をかぶせます。

バーミキュライトがある場合はバーミキュライトで覆土し、ない場合はプラグトレーにつめた培度を覆土します。
 


土をかぶせたら水をたっぷりかけます。
 
そして乾燥を防ぐために新聞紙をかぶせておきます。

少しでも発芽が確認できたら新聞紙は取り外しましょう。

夏から秋にかけてキャベツの種をまく場合はだいたい3日くらいで発芽します。

3日後には新聞紙は取り外すようにしましょう。


かぶせたままにしておくと徒長して弱弱しい苗になってしまいます。

7月下旬〜8月中旬のすごく暑い時期に種をまく場合は昼間に日よけなどをして暑くなりすぎないようしましょう。

芽が出るまでは日陰の涼しいところにおいておいても大丈夫です。

芽が出てからは光をたっぷり当ててやると丈夫なしっかりとした苗になります。

このときも高温や乾燥には注意が必要です。



種をまいてからだいたい30日で定植できるようになります。


キャベツ

LxcP.jpg
栽培のポイント

キャベツは苗が一定の大きさになったときに、15以下の低温に一定期間あうと、花芽ができ結球せずに花が咲いてきてしまいます。品種によって適期のタネまき時期を守り、適切な大きさの苗で越冬させることが大切です。苗を軟弱にしないためには光と風を利用とします。光と風は苗を丈夫にするだけでなく、病害防除にも重要な役割をします。温度が高い時期の育苗では、温度が上がりすぎないように日よけする必要があります。その場合、とくに温度が高くなる時間帯だけ日よけをし、できるかぎり苗に光を当ててやります。

野菜名

科名

原産地

キャベツ

アブラナ科

ヨーロッパ西海岸地方原産

学名

英名

和名

Brassica oleracea

cabbage

甘藍(かんらん)

種まき時期

定植時期

収穫時期

8月上旬〜
9月下旬

9月上旬〜
10月下旬

11月下旬〜
3月下旬

種子の光反応

土壌適応性

明発芽種子

土壌適応性は広い
pH5.5〜6.5

発芽

最低温度

最適温度

最高温度

2〜3

20〜25

35

生育

最低温度

最適温度

最高温度

5

15〜20

28

うね幅(cm)

条数

株間(cm)

60

1

30〜40

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

4000〜5500

60〜80ml

3000〜4000

花芽分化

平均気温14℃以下、最低気温10℃以下の温度に感じて花芽分化する。平均気温5〜9℃で最も感応する。品種によってかなり差がある。




健康効果
 

・ビタミンK、ビタミンUによる通風の発作の予防効果があります。
ミネラル(硫黄、塩素)による胃腸の消化・吸収の補助、むかつき予防になります。

・やけどには葉をもんで患部に貼ると効果があります。

 

よいキャベツの選び方

 ・巻がかたく、ずっしりとして重く、形のよいもの
・芯の切り口の新しいもの
そろそろ俺もゴールドカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。